神話の里、宮崎県高千穂町のビジネスホテル、ホテルグレイトフル高千穂のホームページです。観光やビジネスにご利用下さい。

qrcode.png
http://h-hikari.dsbsv.net/
モバイルサイトにアクセス!
ホテル グレイトフル高千穂
〒882-1101
宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1352-1
TEL.0982-72-4111
FAX.0982-72-4118
089029
 

スタッフブログ

 

従業員のつぶやき

従業員のつぶやき
フォーム
 
高千穂 秋から冬へ
2017-11-20

“ドン カコカッカコカッカコカ”
“ドンドン カコカッカコカッカコカ”

 

イチョウの葉が鮮やかな黄色に変わり、落ち、地面が黄色い絨毯で彩られる頃、高千穂に太鼓と笛の音が響き渡ります。

 

いつもお世話になっております。

前回のブログ(神楽の話題)に引き続き今回は私、興梠が神楽の話題をお送りさせていただきます。
っと言っても、私のブログは神楽のお話がメインになってきていますが。。。

 

さて、今年も11月18日から高千穂の夜神楽が始まりました。
毎年、11月の3週目の週末頃から押方(おしかた)の五ヶ村(ごかむら)地区、岩戸の下永の内(しもながのうち)地区を皮切りに始まり、来年2月の第2週目の週末(今年は2月10日)の田原(たばる)の上田原(かみたばる)地区での神楽まで続きます。

私の住む、上下押方、片内(かみしもおしかた、かたうち)地区も嶽宮神楽(たけみやかぐら)保存会として12月の第2週目の週末(今年は12月9日)、下押方公民館にて執り行われます。
もちろん私も、ほしゃ(奉仕者、報謝)として神楽を舞わせて頂きます。

 

高千穂に住まわれる八百万(やおよろず)の神々へ、五穀豊穣と子孫繁栄を祈り粛々と、ときに豪快に舞う雅な世界に憧れ昨年末より参加させて頂きました。

 

また、その地区その地区のお師匠さんを始め先輩方や20代の若者、幼稚園児まで、神楽を通して、話し合う姿、コミュニケーションを取る姿に大変心打たれます。

 

連綿と続くコミュニティーがこの地域や、この高千穂を支えてきたんだと感じます。

 

ときに、神楽を舞うほしゃは女人禁制となっており、舞を舞う「神庭」には男性しか入る事は許されません。
しかしながら、八百万の神々にお供えする食べ物は、神楽が行われる地区の女性の皆様におつくり頂いております。

 

このお供え物を神々にお祭りし、神々が召し上がったものを頂くことにより、神々との結びつきを強くし、神々の力を分けてもらい、その加護を期待するものなので、お供えするお食事が無ければ始まりません。

 

神楽を舞うほしゃだけではなく、それを支えて頂く女性の皆様にも感謝の心を持って舞わせて頂こうと感じております。

 

今年は神楽2年目ではありますが、いろんな想いを感じ舞わせていただけることに心から感謝しております。

ぜひ皆様もお時間ございましたら、高千穂の夜神楽を愉しまれてください!


最後になりましたが、高千穂町観光協会様がおつくり頂いております「神楽の日程表」のページを張っておきますので、ご参考にしていただけたら幸いでございます。

 

では、今回は興梠がお送りさせて頂きました。
長々となり大変失礼いたしましたが、最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

 


高千穂町観光協会 夜神楽日程表
http://takachiho-kanko.info/event/yo_schedule.php

 
夜神楽
2017-11-02
朝晩めっきり寒くなってまいりました❗風邪などひかれてませんか❓
山も色づき始めた高千穂より、本日は俵がお伝えします。
 
もう11月ですね‼一年あっという間‼年々時間が過ぎるのが早くなっているように感じます。
あるあるですよね?

さて、高千穂は観光のハイシーズンに突入です。
紅葉、雲海と今の時期でしか観れない風景。

そしてさらに!!! 夜神楽が始まります!!!!!!
 
夜通し行われる伝統文化を、実は私はきちんと観たことがありません...
小さい頃は、眠さとよく理解できなかった内容に飽きて、すぐ帰って寝てました
今年こそは‼絶対見に行くぞ!!!と鼻息荒くリサーチしているところです(笑)
ご都合があえば、皆さまも是非ご観覧くださいませ
詳しい日程や場所等は 高千穂町観光協会さまのHPをチェックチェック~♪
 
 
 
秋でございます。
2017-10-15

今日この頃、季節はすっかり秋になり、紅葉などが見ごろになりつつあります(*^_^*)

 

最近わが子の初めての運動会がありましたヽ(^o^)丿

 

初めての運動会という事もあり、緊張とあまりの観客の多さにビックリしてました(^-^)

家では、早いくらいにダッシュをするのに、運動会では、保育園の先生に手を引っ張れながら、走っていました(#^.^#)

ダンスの方も、なかなか踊ってくれなくて、最後のお客様の拍手だけの時同じように拍手をしただけでした(^J^)

 

でも、子供成長を見ていると楽しいし、あっという間に時間が過ぎるものです(*^_^*)

後、季節が変わるのもあっという間なので、

 

ぜひ、高千穂で秋という季節を味わってみませんか?

 

by H・T

 
沸くのはお湯なのか?
2017-09-16
 
なんだか凄くお湯が沸く系のアレ
 

お休みの日にいつもの如く、でごろごろしていたんですが、

父が急に、話があるというもので聞いてみたら

お風呂のお湯が沸く系のアレの導入を検討しているとか。
 
 
 
それで家族一同色々調べて話し合ったのですが、

家族会議の結果、ウチの家には必要ないんじゃない?
という結論に。
 
 
私の場合、お仕事が終わる時間も日によって異なりますし、
そもそも湯船に浸からないスタイル

シャワーのみで充分なんです。
父は父で、しょっちゅう温泉に出掛けますし、
お風呂のお湯にそれほど執着する必要もないでしょう。

省エネ効果も、導入費用を考慮すれば大きな効果は得られないでしょう。
いやあ、いつでもお湯が沸いているのはありがたいんですが、
 
導入にお金もかかりますし、しょうがないですよね
 
 
 
そんな毎日、
 
 
いやあ、今日も疲れたなあって家に帰ると。。。
 
 
 
ん?なんか
 
 
 
 
庭に変な装置が
 
 
 
 
置いてあ・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こ  れ  絶  対  お  湯  が  沸  く  や  つ  !
 
 
 
 
 
 
おのれ~○×▼父(自粛)
 
 
 
 
家族会議とは何なのか、と口論しながらも、
少しだけ沸くのが楽しみなのでした。
 
皆さんはくれぐれも、よく話し合って決めてくださいね~。
 
 
 
直会
2017-09-03
季節は巡り、暑い暑いと言っていた夏も、秋分を目の前に急に気温が下がって参りました。
秋の香り漂う高千穂より、興梠がお伝えいたします。
 
さて先日、久しぶりに会う友人が大分より訪ねてこられたので、その際、高千穂の町で開催される「高千穂直会(なおらい)」なるものに参加して参りました。
同じタイミングではあったんですが、狙ってきたわけでなく、偶然でしたので、これは何かのご縁かなと感じての参加でした。
 
直会とは、各地域の神楽の終了後に、神楽が行われる地域の御神社さんの宮司さんや氏子総代、神楽を舞う「ほしゃ」(奉仕者、報謝)が、神様にお供えされた御神酒や御神饌(ごしんせん)を頂く儀式と言われております。
直会を行う事で、神様に奉仕するもの(平常とは違った特別な状態)から、平常な状態に戻す(直る)ための行事だそうです。
 
このイベントでの直会とは「高千穂に集まる人たちが出会い、日々の恵みに感謝し、一喜一憂しながら酒や食べ物を囲み、顔合せ交流できる機会を創出しよう」というところから始まったようです。
 
このイベントに合わせて、町内外からのダンサーやミュージシャンが高千穂の町の飲食店を回り、賑やかしてくれます。
 
大分からの友人も大変なにぎわいに驚き、また喜んでおりました。
 
いつも高千穂の御神社さんを巡り、自然を楽しんで廻っている友人としては、初めて見る高千穂の光景に、非日常だと思っていた高千穂が、日常へと移り変わる様子を見るのも何とも楽しい様子でした。
 
次回は12月1日だそうです!
 
皆様も、もしタイミングが合えばぜひ参加されてはいかがでしょうか?
 
秋風漂う中、興梠がお伝えさせて頂きました!
ありがとうございます。
 

高千穂の冬

高千穂の冬
 

kikuti

kikuti
 

7

7
   
●2014年以前のバックナンバーはこちらから
<<グレイトフル高千穂>> 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1352-1 TEL:0982-72-4111 FAX:0982-72-4118